INMOTION Vシリーズ初代製品!知る人ぞ知るINMOTION V3の魅力に迫る

INMOTION V3は、INMOTION Vシリーズの初代製品として2014年10月に発売されました。

豊富なカラーバリエーションでユーザーの心を掴んだ

INMOTION V8INMOTION V10と比べると、認知度的にはそこまで有名ではないかもしれません。

しかし、パーソナルモビリティユーザーたちの間では当然のように知られているため、まさに知る人ぞ知る製品として受け継がれています。

また、「ブルー、レッド、イエロー、グリーン、シルバー」の豊富なカラーバリエーションが選べるINMOTION V3により、これまで以上にオシャレな走行が可能になり、女性たちにも人気が出ました。

ツインホイールで安定感抜群に

INMOTION V3はその見た目から電動一輪車に思われがちですが、よく見ると車輪が2つ付いているツインホイールタイプなのです。つまり、電動二輪車の扱いになります。

ただ、電動二輪車といえど、実際の操作性は電動一輪車に近いのが特徴です。

電動一輪車との大きな違いは、ツインホイールによる安定性です。INMOTION V8やV10などの電動一輪車の場合、走行時もしくは停止時における左右のバランスを取る必要がありますが、ツインホイールではほとんど必要ありません。

INMOTION V3なら初心者でも簡単にトライでき、すぐに乗りこなすことができるようになります。

2時間の充電で35kmの走行が可能に

一般的なパーソナルモビリティ製品の走行距離は15〜25kmですが、INMOTION V3は35kmもの距離を走行することができます。

しかも、たった2時間の充電で35kmも走行できるので、かなり高いパフォーマンスであると言えるでしょう。

INMOTION V3 スペック
最高速度 18km/h
航続距離 35km
登坂傾斜 15°
バッテリー 2000mAh
充電時間 2時間
本体重量 13.5kg

<参考・参照元>

[PR]

パーソナルモビリティ製品の購入は、専門ショップが便利!

関連記事