電動一輪車シリーズの幕開けとなったNinebot One

Ninebot Oneは2015年に発売され、Ninebotの電動一輪車シリーズ初代製品として世間から大きな注目を集めました。

近未来的なデザインとスマートな走行

今でこそ当たり前のようになっている電動一輪車ですが、発売当時はその斬新な見た目に多くの人が驚愕していたでしょう。

また、一輪のみで颯爽と走行する姿は、まるでSFの世界から飛び出してきたかのような次世代の移動を感じさせるものでした。

電動一輪車としてのスペックはいまいちだった?

大きな話題となったNinebot Oneでしたが、スペック面においては、現在世界の市場で出回っている電動一輪車と比較するとやや劣っています。

Ninebot One スペック
最高速度 15km/h
航続距離 10-15km
登坂傾斜 10°
バッテリー 220Wh
充電時間 2.5時間
本体重量 13.8kg

パーソナルモビリティのスペックは主に最高速度航続距離バッテリーの持ちで比較することが多く、それらに注目すると、確かにNinebot Oneは他のパーソナルモビリティ製品より劣っていることが確認できます。

しかし、後継機の開発に繋げるための初代製品という見方をすれば、電動一輪車の将来性を感じさせる素晴らしい出来であったとも言えます。

豊富な機能は当時から搭載されていた

従来の乗り物と比べてパーソナルモビリティが優れている点は、スマートフォンアプリを経由したカスタマイズが可能になったことです。

最高速度の調節やカラーバリエーションの設定など、ユーザー自身でカスタマイズができます。

安全面の対策も万全

Ninebot Oneには、安全な走行を実現するための材質ソフトウェアシステムが整っています。

IP65の完全防水
電気システムは全て防水設計。洗車も水スプレーで簡単にできます。

マグネシウム合金製フレーム
フレームとペダルは高品質マグネシウム合金製により確かな剛性と安全性、耐久性を兼ね備えています。

インテリジェント安全警報システム
速度超過や過度の傾斜、バッテリー残量の低下、発熱による故障等をお知らせする警報システムが搭載されています。

Ninebot Oneは現在でも楽天市場やヤフーショッピングで販売されていて、相場としては¥90,000-¥100,000となっています。

[PR]

パーソナルモビリティ製品の購入は、専門ショップが便利!

関連記事